支援品募集情報


※支援品のご協力よろしくお願い致します※

ご提供いただいた支援品は、バザー形式で提供しており、
バザーの寄付基金は、震災孤児学業生活応援、避難されている方々の自立支援の為に使われております。

当会のバザー会場やふれあいサロンは、
避難されている方々が引きこもらないよう、心のよりどころとなるように開放しております。


バザー会場でのお買い物や、サロンでの人とのふれあいは、避難されている方々の心のケアになっております。
避難されているの方々に少しでも笑顔になっていただけるよう、皆様の温かいご協力をお願いいたします。

バザー会場の様子はこちらから、サロン「さくらの」の様子はこちら


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


【最新の支援品募集情報】(平成29年02月23日現在)

冬物衣料・ホッカイロ・マスク等の季節用品を継続して募集いたします。
その他、レトルト食品や缶詰などの日持ちのする食料品や、
洗剤、ティッシュ等も生活用品もご協力いただけると有難いです。

その他に、当会ではバザー会場やふれあいサロンが、
避難者の皆さんの心のよりどころになれればと考えており、
サロンでお出しする、お菓子やコーヒー・お茶などをご提供いただけると助かります。

避難者の皆さんが自立して明るい生活が取り戻せます様
皆様のご支援・ご協力よろしくお願いいたします。
詳しくは、当会 024−522−6464 まで


【前回の支援品募集情報】(平成28年12月25日現在)

餅つき大会用のもち米・あんこ・きな粉は、お蔭様でたくさん集まりました。
ご協力いただきありがとうございました。

また、冬物衣料・ホッカイロ・マスク等の季節用品を継続して募集いたします。
その他、レトルト食品や缶詰などの日持ちのする食料品や、
洗剤、ティッシュ等も生活用品もご協力いただけると有難いです。

その他に、当会ではバザー会場やふれあいサロンが、
避難者の皆さんの心のよりどころになれればと考えており、
サロンでお出しする、お菓子やコーヒー・お茶などをご提供いただけると助かります。

避難者の皆さんが自立して明るい生活が取り戻せます様
皆様のご支援・ご協力よろしくお願いいたします。
詳しくは、当会 024−522−6464 まで


★震災孤児義援金の御礼及びご報告★(平成28年12月25日現在)

いつも心温まるご支援誠にありがとうございます。
第11回学業・生活応援義援金を14名の震災孤児の子どもたちへ
12月22日に送金完了しましたことご報告申し上げます。

この義援金の内訳は、平成28年4月1日〜平成28年12月19日までに皆様から寄せられた
震災孤児義援金 3,181,119円(181件)と当会バザーの売上げからの寄付基金からと
なっており、合計210万円(14名一人15万円)です。

皆様から温かい想いの詰まった義援金を、孤児の子どもたちに贈ることが
出来て大変嬉しく思います。
このように当会が支援活動を継続していけるのも全国に支援者の皆様の
おかげであります。改めて御礼感謝申し上げます。
震災から5年9ヵ月以上経ちましたが、
子どもたちは元気に通学・通勤しています。
今後も温かく見守っていただけたら幸いです。

次回(第12回)の震災孤児義援金の寄付は来春4月になります。
それでは皆様、お身体には十分ご自愛ください。

全国の支援者の皆様、ご支援誠にありがとうございました。
今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


当会には、毎日たくさんの避難者の皆さんがおいでになり、
買い物をされ、ほっと一息つかれていかれます。
サロンでお出しする、お菓子などが不足しています。
ご提供いただけると助かります。

皆さまの温かいご支援・ご協力をお願いいたします。
お問い合わせは、当会 024−522−6464 までお願いします。




---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


現在も、震災と原発事故によっていまだに多くの方が避難生活を続けており、
引きこもりがちな方や、就職が出来ない方々が沢山いらっしゃいます。


自立支援とふれあいを目的とした花見山を守る会の「ふれあい茶屋さくらの」のサロン及び
バザー会場を利用される避難者の方々が増えており、バザー会場の生活用品全般が不足しています。

トイレットペーパー、ティッシュペーパー、洗濯洗剤・台所洗剤・シャンプー・リンスなど
毎日使う物が、年間を通して喜ばれます。

また、季節ごとに
夏は夏用の、冬には冬用の日用品・食料品の要望が多くなります。

季節の変わり目などは、
レトルトのスープなど温かい飲み物や缶詰などの日持ちのする食料品の
要望が多くなります。


まだまだ多くの方が避難生活を続けていますので、ご協力いただければ幸いです。
皆様の温かいご支援を、宜しくお願いします。


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


[ 食  品 ]   お米・調味料・食料品(乾麺、缶詰、レトルトなど)
[ 生活用品 ]   台所用品、洗剤、シャンプーリンス、ティッシュ、トイレットペーパー
[ 消 耗 品 ]    子供用オムツ、大人用オムツ(尿とりパット、リハビリパンツ)
[ そ の 他 ]    座布団、肌着、お茶、コーヒー、菓子


冬 季 限 定 --- 使い捨てカイロ、マスク、冬物衣料(※秋・冬のみ募集)
夏 季 限 定 --- 扇風機・夏物衣料(※春・夏のみ募集)
学 校 支 援 ----- 菜の花の種・ひまわりの種、水仙の球根・チューリップの球根
日 用 品 ----- 洗剤、シャンプー、リンス、石鹸、タオルケット、バスタオル、子供用紙オムツ
工   具 ----- 大工道具、工具類
農 機 具 ----- 耕運機(トラクター含む)、農機具がありましたらぜひ、ご協力お願いします。
          避難者の畑支援に、ご協力をお願いいたします。
避難者支援 ----- 古布、着物地
          趣味を楽しむ機会が各仮設で増えております。手芸(つるし雛作り)などの材料を支援いたしますので、
          使用されていない古布、着物地、のご協力をお願いします。
震災孤児支援 --- 文房具等


※お願い※
・タオルケット、バスタオルは直接、肌に触れる物なので新品または同等のもののご協力をお願いいたします。
・子供用紙オムツは型、サイズ問いません。未開封または開封済でも新品の物のご協力をお願いします。


皆様の心ある支援品や避難されている方々への温かいメッセージが、避難者の心を癒しております(^^)
皆様の御支援、今後とも宜しくお願いいたします。



======================【送り先】======================
NPO花見山を守る会
住所  :〒960-8141 福島県福島市渡利字康善寺21−1
電話  :024-522-6464 FAX024-523-4874
携帯  :090-1066-7717
====================================================




※初めてのご支援及び不明な点がありましたら、下記よりお問い合わせください。
 支援品お問合せフォーム








inserted by FC2 system